new commer 初めてお越しの方の登録 | ホームページ管理人に
hide
ManminCentralChurch

黙示録講解 | 信仰を測ると | 創世記講解

 
on air
News
magazine
news
news
news
news
news
 
ニュース > ニュース
| 万民ニュース   第 200 号 | HIT 260 | DATE 2019-06-23
 
「神様がともにおられる万民の働き、すばらしいです!」_ インドネシアの牧会者120余人、万民中央教会訪問






今年5月4日から5日まで、インドネシアの牧会者120余人が本教会を訪問し、万民の働きをその目で見て体験し、生ける神に感謝と栄光を帰した。
最初の日程として5月4日(土)午後9時20分、第三聖殿で始まった牧会者セミナーは、芸能委員会所属のクリスタルシンガーズと芸術宣教団、パワーワーシップチームのインドネシア語の賛美、韓国の舞踊、ワーシップダンスなどで参加者に大きい恵みと感動をプレゼントした(写真2,6)。続いて堂会長イ・ジェロク牧師を通した神の力の働きと放送、文書宣教などを紹介したビデオを視聴した。
その後、講師イ・スジン牧師は「私たちの教会のリバイバルの秘訣は神の力あるわざ、火のような祈り、いのちのみことばにあります」と伝えた後、福音の核心「イエスが私たちの救い主である理由」について具体的に説明した(写真1)。セミナーの後、イ・ジェロク牧師に祈りを受けて神の力が込められたハンカチ(使19:11~12)で祈ったが、マルタ・デンデン牧師(チルンシ教会)は膝の退行性関節炎で歩行がつらかったが、祈りを受けた後、痛みがなくなって楽に歩けるようになった(写真3,4)。
5日には主日大礼拝と夕方礼拝に参加し(写真5)、約30人がインドネシアの伝統衣装バティックを着て特別賛美をささげ、聖徒たちに恵みと喜びをプレゼントした(写真9)。アドリアン・サロインソン牧師(ベツレヘム教会担任)は挨拶で「まるで天国に来ているようです。聖歌隊とニシ・オーケストラ、賛美とワーシップを通して聖霊に満たされました。とてもすばらしい教会を知ってうれしく、感謝しています」と述べた(写真7)。続いて総括引率者カトウツ・カラウワン牧師(ベツレヘム教会)が堂会長イ・ジェロク牧師に贈呈する感謝の楯を教職者会長イ・スジン牧師に手渡した(写真8)。
この他にもムアンの甘い水水族館の観覧、GCN放送訪問、ダニエル徹夜祈祷会出席などの日程を持った(写真10)。


「ただイエス・キリスト中心の教会でした!」




ポルケ・デニー・コヨンジャン牧師(アメリカ・クライストセンター教会)

今回の訪問で、万民中央教会は聖書に記されている神の力あるわざが現れる教会だということがわかりました。教会で奇跡が起こるということは大きい祝福です。神様は万民中央教会を通して奇跡を行っておられ、私たちはこのようなみわざを見て幸せです。
私はここに来る前、万民中央教会についての悪い噂を聞きました。この教会は主イエス様ではなく人が中心だというのです。しかし、この教会は神の力が現れる教会であり、すべての説教者がイエス・キリストについて伝えています。堂会長イ・ジェロク牧師先生はただ信仰と祈りと断食によって生きている方であることを確信しました。そして、いつも神様と主に栄光を帰しておられます。
私はここを訪問した証しをうちの教会の聖徒たちに伝えて、より大きい信仰を持てるようにしたいと思います。多くの人が万民中央教会を訪問して、聖霊が人々に触れるためにどう働いておられるかを知ったらよいと思います。ここに来れば祝福されます。私たちを温かく迎えてくださった万民中央教会に心より感謝します。


back

 
ManminCentralChurch
address_ManminCentralChurch