new commer 初めてお越しの方の登録 | ホームページ管理人に
hide
ManminCentralChurch

黙示録講解 | 信仰を測ると | 創世記講解

 
banner
on air
News
magazine
news
news
news
news
news
 
ニュース >
| 万民ニュース   第 76 号 | HIT 9516 | DATE 2009-08-30
 
マンミン中高生夏のキャンプに参加して



飯田万民教会 熊谷澄香

今年のはじめ、選挙で学生宣教会の会長の使命をいただきました。しかし、いったい何をどうしたらいいのか、よくわからないまま、初夏を迎えました。本教会の中高生夏のキャンプに参加することが決まり、それぞれ目標をもって準備しました。
私も、学校の成績が上がるようにと願っていましたが、教会の奉仕などで忙しく、なかなか満足できるくらいの勉強ができそうになかったので、しっかりテスト勉強ができるようにと6月の飯田ハンカチ癒し聖会で堂会長先生のハンカチの祈りをもらいました。
6月29日-7月2日にテストがありましたが、朝早く起きて2時間勉強しただけでテストを受けた時もありました。テスト範囲も終わっていないのにテストをうけた教科もありました。
そんな状態だったので、自分では前回よりも良くない成績だろうと思っていましたが、点数は全体的に上がり、順位もクラスで6位だったのが2位になり、学年では25位から6位になりました。ハンカチで祈って下さった堂会長先生と祈りに答えて下さった神様に心から感謝しています。
私の家庭は、今年特別な恵みを受けています。私の母は癌でしたが、堂会長先生のお祈りを受けて、今も元気に信仰生活をしています。そのことにも、とても感謝していますが、母が祈りと信仰で病気に勝利している姿を見て、教会に行っていなかった父の心が動いて、礼拝に出席するようになりました。
今年の家庭礼拝のとき、柳承吉牧師先生が、偶像について導いてくださいました。日本には家を建てるとき、屋根裏の一番高いところに、家族の名前を記してまつる風習があるようですが、牧師先生のお話を聞いて、そのことに思い当った父と母が、屋根裏からそれを取り除き、家中の偶像を見つけてきて、すべてを火で燃やしました。その日、母はうれしくて眠れないという体験をしたと、喜んで話してくれました。それから、父は毎週礼拝に出席するようになり、ついには兄までも、礼拝に出席するようになりました。
家族の救いは、長い間、母が願っていたことでしたが、堂会長先生が、今年は祝福の年だとおっしゃったように、私の家にも、大きな祝福がやってきたと思いました。礼拝に出席する父と兄を見ながら、家族で教会に行けるというのは、とても幸せな事だと思っています。
8月2日、いよいよ夏のキャンプに参加するために韓国へ出発しました。今回初めて韓国でのキャンプに参加して、日本ではできなかった体験がいろいろできました。トンボがたくさん自分のところに来てくれたり、夜空を見るときに、神様がいろんなものを見せて下さいました。
聖会の時も、聖霊充満で熱く祈ることができ、異言の祈りもいつも以上にしっかり祈ることができ、とても恵みと感謝があふれる時間でした。
今回のキャンプでは、賛美祭に参加しました。たくさんの人に助けられながら、熱心に練習してのぞみました。大きな舞台で緊張しながらも、人気賞を頂き、ほんとうにうれしかったです。また、運動会では思いもかけず、MVPを貰うことができました。応援してくれた皆さんに感謝します。本当に祝福されてとてもうれしいときでした。
夏のキャンプに参加して、私は、学生会の会長として、もっと信仰を成長させて、これからの飯田万民教会のリバイバルのためにも奉仕を通して先に立って頑張っていこうと決心しました。




第16回マンミン中高生賛美祭で人気賞受賞


back

 
ManminCentralChurch
address_ManminCentralChurch