new commer 初めてお越しの方の登録 | ホームページ管理人に
hide
ManminCentralChurch

黙示録講解 | 信仰を測ると | 創世記講解

 
banner
on air
News
magazine
news
news
news
news
news
 
ニュース >
| 万民ニュース   第 75 号 | HIT 9251 | DATE 2009-07-26
 
[WORLD MISSION] 2009年MMTC日本短期宣教



「まことに、まことに、あなたがたに告げます。一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、それは一つのままです。しかし、もし死ねば、豊かな実を結びます。」(ヨハネ12:24)

マンミン世界宣教訓練院(Manmin Missionary Training Center: 略称MMTC)は、1997年に設立され、独自の効果的なカリキュラムで多くの宣教人材を養成している。世界各地へビジョントリップを実施して宣教地を開拓し、宣教師の派遣、文書宣教、セミナー、地域研究セミナー、国を超えて若者を対象とした「十字架のことばキャンプ」など、多様な訓練課程で世界に宣教ネットワークを構築しつつある。

6月19日から27日まで、2009年MMTC日本短期宣教が実施された。東京、千葉県八千代市、茨城県鉾田市にある五つの教会を巡回し、路傍伝道と伝道集会を行った。
日本宣教にビジョンを持って備えてきた10人は、ほとんどが会社員である。勤務が終わった後にMMTCの事務室に集まり、祈りながら伝道に必要な日本語会話、日本語賛美、韓国舞踊などを練習してきた。
2007年ビジョントリップと2008年日本短期宣教の経験が基礎になり、今回は伝道に必要な日本語会話を集中的に練習した。また、伝道集会に参加した人々に恵み深い公演を見せようと、韓国舞踊の専門家、イ・ミョンスク勧士が同行した。
午前9時頃、教会に集まって、ひとりの魂でも救われてほしいと切なる心で祈ってから、グループに分かれてトラクトを一軒一軒配り、福音を伝えた。また、キリスト教に関心がある人は伝道集会に招待した。
いつもなら晴れた日は日差しが強いのに、路傍伝道の時は雲に遮られて涼しい風が吹いた。伝道する足に力を与えて、流れる汗をぬぐってくださる父なる神様の暖かい御手が感じられた。また、伝道しながら日本の生活と文化を直接体験することができた。
路傍伝道の後は、MMTCのノ・ジョンウク牧師、飯田万民教会のユ・スンギル牧師、松本万民教会の伊藤正明牧師を講師に伝道集会を行った。
6月22日は東京田端万民教会の都築紀代子勧士が勤めているアップル訪問看護ステ-ションを訪問、イ・ミョンスク勧士の韓国舞踊と宣教チームの賛美、レクリエーションで韓国を知らせ、神様の愛を伝えた。
福音が広がりにくい日本で、日本の魂の救いのために休みなく働いている韓国人宣教師と日本人牧会者、みことばで武装して信仰が成長している聖徒たちに見送られ、短期宣教チームは帰国の途についた。
聖潔の福音の種を蒔いた2009年日本短期宣教チームは、さらに熱い心で一年間、日本語会話とより良いプログラムで次の短期宣教に備えようと心を固めた。





back

 
ManminCentralChurch
address_ManminCentralChurch